香りのピラミッドを知ろう【part3】


皆さんは香水のノートってご存知ですか?

言葉は聞いたことあるけど…いまいち良くわからない、または知らないって人が多いんです。

香水を選ぶ時に非常に重要になってくるこのノート。

今回はこのノートについて書いていきたいと思います!

香りの順番を現すノート

香水は様々な香料から作られます。

肌に乗せるとより一層香りますが、実はずっと一定に香るわけではなく、

香り立つ順番があります。

簡単にご説明すると
蒸散性が高い軽い香りから香っていき残香性が高い重い香りが最後に顔を出します。

この香り立つ順番を表す時にノートという言葉を使います。

また、華やかなフロラール調の香り、渋みがあって暖かい温もりを感じるウッディ調の香り、爽やかな明るさと印象を与えてくれるシトラス調の香り。

これらをフロラールノートやウッディノート、シトラスノートなどとも呼びます。

これらは香りの系統を表すノートになります。

香る順番は3段階

香水は3段階、全く違った表情に変化しストーリーを感じさせてくれます。

1段階目 トップノート        香り持続時間目安 5~15分

鼻をツンと刺激するエタノールが消えた時に香る。
香水の第一印象を決める香り

ほとんどがシトラスやアロマティックを感じるハーバルノートで構成されていて、一見、爽やかですが、一番ガツンと香るのがこのトップノート。

 

2段階目 ミドルノート    香り持続時間目安 30分〜3、4時間

香水の顔といっても過言ではない香り。

フロラールを筆頭にフルーツ、スパイス、ウッディ、ハーバルなど、

華やかなノートで構成されることが多いです。

 

3段階目 ラストノート   香り持続時間目安  3、4時間~12時間

ベースとなる香り

香りとしては余韻のようですが、中にはラストノートで劇的変化する香りも。

このノートで全体のバランスを絶妙に保つことができます。

ウッディや、アニマルノート、バニラ(グルマン)、モッシーなどで構成されて言います。

香水選ぶ時、ありがちな事

香水店で良く見かける光景があります。

店員さんが「良ければ、新しく吹き付けましょうか?」と言ってムエットに香水をつけます。

それを嗅いだお客様は「いい匂いー♩」と言って買ってしまいます。

ちょっと待った❗️❗️

トップノートだけで判断しちゃダメー!!

これ、本当に良く見ますが、トップノートは第一印象ですが香水の顔ではありません。

しっかり香水の香りを嗅ぎ、自分の好きな癒される自分だけの香りを購入することをおすすめします。

パリジェンヌフレグランス香水作り体験は一つ一つお客さまに嗅いでもらって自分だけの香りを作っていくのでトップノートだけで判断することはなくなります♪

是非❗️体験に来て下さい。

匂いに不安な方はイベントでお試ししてから❣️っていう手もありますよ👍

あなたにおすすめ

香りのある暮らし/香水のメリット【Part 1】

浜松市のオリジナル香水工房KAORI

スタッフ尾関の紹介です

お子様の自由研究にいかがですか❓【プレ葉ウォーク浜北】